2014年WINTERCUP

2014年12月24日~ 東京体育館

報徳学園初出場の WINTERCUP の舞台です


第1回戦(24日)対 アレセイア湘南(神奈川) 報徳 87-84 アレセイア湘南

・報徳の第1戦は、神奈川県で新人戦、総体の3冠を達成して勢いのある初出場のアレセイア湘南が相手でした。
 ナイジェリアからの長身(196㎝)留学生を擁し、ゴール下やシュートブロック等、兵庫県では経験することがないスタイルのチームです。
・報徳は前半、アレセイアの高さを警戒してかシュートの精度を欠き得点を伸ばせませんでしたが、ディフェンスでは速い動きの寄せやプレスを
 利かせてアレセイアにリズムを渡すことなく凌ぎ合いました。
 こんな中、1P終了間際に報徳の俊足ガードが相手と接触して額を裂傷するアクシデントで中断しました。
 2Pに入り報徳は攻撃のリズムを掴み、連続3Pや速攻が決まり出し一気に主導権を握り、前半は18点のリードを付けて終了しました。
・報徳は、後半3Pの立ち上がりも3pや速攻からの攻めで、一時は24点まで差を広げましたが、後半は変更してきたアレセイアのプレス
 ディフェンスを攻め倦み、ミスも絡んで差を11点にまで詰められました。
・4Pに入るとアレセイアは3pやスチールからの豪快なダンクなどでリズムに乗り、外角からのシュートも決まり報徳は瞬く間に同点とされ、
 残り5分を切ったところで連続シュートを決められ逆転され5点差を付けられました。
・勝敗は最終盤まで縺れ込みましたが、報徳が速攻や獲得したフリースローを確実に決め、再逆転して勝利しました。
・この試合中、外国人留学生の4度にわたる豪快なダンクには驚かされました。また、報徳の怪我で出血した選手が再出場時にコートを汚した
 ことをモッパーに詫びていた姿も見られ、清々しい気持になりました。

   報徳 87(21-21 30-12 21-28 15-23)84 アレセイア湘南


第2回戦(25日) 対 県立城東(徳島) 報徳 100-57 県立城東

・1Pの立上りは城東のペースでしたが、途中から一進一退の攻防が続き、終盤に報徳の外角からのシュート精度が上がり報徳がリードして
 徐々に差を広げました。
・2Pに入り城東がディフェンスシステムを変えてきましたが、報徳は落ち着いて対応し、ディフェンスでもプレスを強めて城東にプレッシャー
 をかけ、報徳が主導権を握ったまま32点のリードで前半を終了しました。
・3Pの立ち上がりは、城東が外角からのシュートやポストプレイに加え速攻も決めて得点を重ねる一方、報徳は受け身に回り序盤は得点なく
 推移しましたが、ガード選手が3pを決めてリズムを取り戻し、互角の展開でこのピリオドを終えました。
・4Pに入り攻守の展開が速い点の取り合いになりましたが、シュート力に勝る報徳が徐々に差を広げ、城東に主導権を渡すことなく大差を
 つけて勝利しました。

  報徳 100(29-16 30-11 12-14 29-16)57 県立城東